スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
日本への旅
無事日本に帰ってまいりました!これまでこうたんが半年、1歳、1歳半、と帰ってきたのだけど、今回4度目、2歳になっての旅がいちばん精神的にも体力的にも楽でした!旅を二人で楽しめました。ああよかった。というわけで旅の記録です。

ベルリンの家を出るのはお昼過ぎだったので、午前はみんなで世界陸上みながらまったり団欒。ほんとうにこれから旅にでるのか?ってくらいにリラックス。マヌちゃんとの最後の時間を楽しんだ後、空港へ。電車大好きなこうたん。30分程度の電車&バスの移動はらくちんぽい。

テーゲル空港でパパとお別れ。
IMGP3051.jpg

数日前からこたろには「飛行機に乗るんだよ、日本にじじばばに会いに行くんだよ、お父さんは来れないんだよ、お父さんはお仕事しなきゃだから」と言い聞かせてたので別れはスムーズ。お別れしてからも「おとうさん、おしごと」と言ってました。

そうそう、テーゲル空港はけっこうな賑わい。世界陸上の選手らしき人もちらほら。日本選手も発見。けどこれから帰るようだったから敗退したのか?けど態度がちょっと偉そうにVIP待遇受けてました。テーゲル空港はチェックインカウンターがいっぱいあって、フライトひとつに付きカウンターがひとつ。チェックインしたらそのすぐ横の扉から待合室にそのフライト用の待合室に入って、そこから直接飛行機に乗れるの。というわけで、前の飛行機が出発しないと次のフライトのチェックインができないので、チェックインの始まるのは1時間前くらいでぎりぎりなんだけど、その後は歩いたりまったりしないでスムーズに乗れるので私はけっこう好き。子連れだと搭乗前待ってる間に子どもがふらふらいっちゃったりしちゃうけど、ここは逃げるところがないので楽。

待ってる間もこれから乗る飛行機が目の前に見えてこうたんはご機嫌。
IMGP3055.jpg

機内で過ごす時間は短いほうがいいやと最後に搭乗しました。
IMGP3060.jpg
この時すでに夕方4時。ここで一眠りしてほしかったのだけど、どうもおなかがすいてたこうたん。もってきたおやつやブレッツェルをつぎからつぎのもぐもぐ。寝るタイミングを逃してしまった!!とは言えご機嫌だったので、楽ちんに巴里まで1時間45分のフライト終了。

パリでの乗換時間は1時間半くらいだったかな?降りてそのまま新しい搭乗口へ。

IMGP3062.jpg
だらだら待つこともなくこれもさくさく。こうたんはすでに飛行機にあきてたから「ひこうきのらない、おさんぽするー」と文句垂れていたけれど、みんながぞろぞろ乗り始め、大きな飛行機を見てからはまた元気になってお利口に搭乗してくれました。

けど飛行機、何が問題かって言うと、シートベルトサインが付いている間。ちゃんとすわってなきゃいけないのに、ベルトいやー、だっこー、おっぱーい。2歳で自分の席があるとはいえシートベルトサインが付いているときは抱っこオッケーだったらもっとらくちんだったかも。

結局ここまでお昼寝もしてなかったこたろちゃん。離陸後ご飯を食べてお腹いっぱいになったところで朝までぐっすり寝てもらおう、という作戦だったのだけど、離陸後シートベルトサインも取れて、さあドリンク&ご飯タイムかと思いきや機体が揺れてまたもやシートベルトサイン。2時間くらい身動きとれず、こたろは腹減りながらもがまんできずうつらうつらと寝てしまいました。

すわったまますやすや。
IMGP3063.jpg

そしてずるずる横になってすやすや。
IMGP3066.jpg

この隙に母はゆっくりご飯を食べ映画を見たり。電気も消えてじゃ、寝ようかなというところで3時間くらい寝たおちびさんがお目覚め。ざんねーん。こうたんのジュースとごはんをもらって食べさせてお腹いっぱいになったところでまた寝る??といわけにはいかず。おとなしくしてもらおうと機内エンターテイメントでモンスターズインクを見せてみたら、夢中!ヘッドホンまで上手につけて90分くらいの映画、飽きることなく見ちゃってました。終わってからも抱っこしたりお話ししたりおもちゃで遊んだり・・・・ そして到着まで4時間というところでまたお休み。

IMGP3071.jpg
グースカピー。

このまま朝食も食べることなく到着直前まで寝てました。11時間ちょいのフライト中寝てたのは5,6時間ってところかな。なんて親孝行。けど普段10時間は寝る子が一晩に小分けで5時間しか寝てないのだから無論お疲れ。けど大騒ぎすることもわからんチンになることもありませんでした。


成田に着いて速効リムジンバス窓口へ。その10分後には既に羽田行きのバスの中!何ともスムーズ。念のためこたろの分もチケット代払って席を取ったのだけど、バスはがーらがら。1500円損した~!ともかく乗り物好きなこうたんはお疲れでもいたってお利口。唯一困ったのは「おっぱいー!おっぱいー!おっぱいちょうだーい!」(笑)。ドイツだったら誰もわからないから叫ばれても平気だけど、日本でやられるとさすがに恥ずかしいわ。バスの中であげる勇気はござりませんので我慢してもらいました。一応シートベルトも義務だしね。
IMGP3075.jpg

そして羽田に到着。羽田に着いた途端おしゃれな日本の人々がいるから、すっぴん頭ぼさぼさの自分が少々恥ずかしかったです・・・・しかし久々の羽田は懐かしい。
IMGP3079.jpg

こちらも乗り換え間に合うかな?と心配するほどだったのだけど羽田までスムーズについたので、あわてることもなく、だらだら待つ必要もなく、ととても快適な乗り換えでした。
搭乗口で待つ間もこうたんは、
IMGP3084.jpg
ちょっとお姉ちゃんに声かけたり、

IMGP3081.jpg
飛行機を眺めたり、とても楽しそうでした。


そして一番疲れた最後の羽田ー福岡便。飛行時間は1時間半なのに、1時間近くはシートベルトサインがついてるのよね。例によって「だっこだっこおっぱいおっぱい」というこたろをあやすのに疲れました(笑)。そして無事福岡到着。ばあばが迎えに来てくれて、タクシーでうちまで。

うちに着いてお風呂入ってご飯食べて、くったくたのこうたんは10時頃寝たのかな?しかし私がベッドに向かった12時頃お目覚め。ドイツ時間でのお昼寝、をしてくれたこうたん。ばりばりの時差ボケ。そのままリビングに降り、朝の5時過ぎまで遊んでおりました。 

IMGP3093.jpg

旅で一睡もしていない母だけどまだまだ眠れないのだー・・・・ この時差ボケ、親子ともに治るまで数日かかりましたとさ。

旅の記録おしまい!
スポンサーサイト
【2009/08/28 15:35】 | すくすくちびたん | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

 
粘土の時間
帰国までほんとにもう少し。こたろが病気にでもなったら大変だからと、微熱を用心して二日間まるまるうちにこもっていたのだけど、出かけてもないのにお昼寝はするし、ちょっと疲れがたまってたのかしらね。けどよく遊ぶし、元気もりもりです。いい調子で旅に臨めるかな。どきどき。

さて、引きこもり二日目の昨日はちょっと新しいお遊びに挑戦しました。

粘土遊び!!
IMGP3025.jpg
この大きな箱、マヌ兄からかな?のプレゼントで、色鉛筆・クレヨン・カラーペン・プラスチックはさみ、そして粘土のセット。お絵かき道具は今までもあったけれど、母的にはこれのおかげで整頓できてよかったわー。でかいけどね。で、粘土は「買ってやろうかねー」と思いつつも、まだはやいかなーと飛ばしていたもの。こたろもあけろあけろうるさいし、遊んでみることにしました。

あ、ちなみにここに映ってるベルリンバスのおもちゃ、バルセロナでなくしたのだけど、マヌ兄が偶然同じものを買ってきてくれたのです。スペイン旅行から戻ってきてから日に日にこのバスのことを思い出して、「こうちゃんの黄色いバスどこ?おっきいバスどこ??」といっていたおちび。なかなか高級品なんで(9,99ユーロもするのよ!)母はまた同じものを買う気分にならず(笑)、「じじばばがきてから、こうたんがおりこうにできたら買ってもらおう」と説得してた品。マヌパパママはこたろがお気に入りのバスをなくしたことは知ってて、メーカーなんぞは知らないけど同じようなものをあちこち探し回ってくれたんだって。けどちょうどいいものが見つからなくて、マヌ兄に「長さが12とか15センチくらいのバスを探しておくれ」とオーダーして、マヌ兄が幸運にもセビージャのトイザラスで見つけて買ってきてくれたのです。なんて素敵な偶然。ああ、よかった。


さて、粘土がどんなものか母がいろいろ教えてあげて、こたろの注文で馬を三頭作りました。じゃ、最後のひとつでこうたん、なんか作ってごらん、といってできた作品がこちら。

IMGP3026.jpg
「うまさんのう○ち。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。教えてもないのになんで??

と思ったら、前に一緒にYOUTUBEで見たクレヨンしんちゃんに、雪で彫刻を作るお話があって、バラ組のチーターが作った馬の彫刻のそばにしんちゃんが馬のウ○チを作っちゃう、ってのがあったのよね。で、それにこうたんそれ見て笑ってたから、多分そこからネタをもってきたのではなかろうか・・・

IMGP3027.jpg
三頭一緒にう○ちー。

よいしょよいしょ。
IMGP3030.jpg
おしりから出るところを表現しようとしています・・・・


そしてう○ちも変化します。
[高画質で再生]

ねんどでうんち



お次は母の作った団子を・・・
IMGP3035.jpg
「食べりー。」

IMGP3036.jpg
「あーんしてごらん??」

IMGP3039.jpg
「Mastica!mastica!!(ちゃんと噛んで!)」


とっても楽しかったようです。よかったよかった。まだ形を作ったり、ってのはまったくできないというかやる気もないようで。ビデオのようにプラスチックはさみで粘土をひたすらちょきちょきするのが楽しかったみたいです。

しかし粘土はくさいねえ。おいら子供のころから粘土はくさくてだめでね。幼稚園や小学校の粘土の時間は地獄に近かったよ・・・ これは私が子供のころに使ってたのに比べればずっといいけどそれでも麦みたいな変なにおいがするわ。無臭の粘土ってないのかしらね。


おやつにぶどうを食べました。
IMGP3042.jpg
「ぷくってしたー!!」ってのが最近のブームらしいです。かわいいね。

クレタの種無しぶどうはだいすきだったくせに、ドイツに来てからぶどうを食べなくなったちびだけど、ここ数日なぜか食べる。子供の好みってわからんね。
【2009/08/18 16:47】 | すくすくちびたん | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

 
マヌ家、ベルリン上陸 その2
三日目。この日はマヌパパママにこたろを預け、マヌ兄のお供をしてポツダムまで行きました。そういやここ、留学期間の終わりにマヌちゃんとこないだ結婚式に行ったドイツ人の友達と一緒に来たのよね。なつかしい。ベルリンに住み始めてからは、機会がなくてまだ来ておりませんでした。というわけで便乗して観光。

とりあえずはサンスーシ。しかしチケット買うのに長者の列。ようやく夕方入場分のチケットを購入して、まずは庭園の散歩。

IMGP2984.jpg
兄弟。

IMGP3001.jpg
お花がきれい。

ものすごき手入れが届いてきれいな庭園だけど、ここは入場料ただ!誰でも入れるのだ。いいなあいいなあ。こんな素敵なところにすぐこれるなんて、ポツダム人は幸せだ。

入場時間まで町の観光&腹ごしらえ。中心街らしきところでレストランに行きました。小さなお店だったけど、ウェイトレスのお姉ちゃんの仕事がドイツ人とは思えないほど的確ですばやい!サービスも早くてびっくり。とても居心地のいいお店でした。

料理はドイツ料理。
IMGP3003.jpg
がっつり、肉肉しい感じ。

いただきまーす!!
IMGP3004.jpg

このあと町を回って、いい時間にサンスーシに戻り宮殿を見学。しかしたったこれで12ユーロか。もうこないね。サンスーシは中身より庭園のほうがずっと魅力的。入場券買うのに並んで中見る時間があったら、庭園を散歩して過ごすほうがずっといい。

ちなみにこの日はマヌパパママ、こたろをつれてこりゃまたあちこち行ったらしく、ご機嫌でした。疲れてたこともあって、夕飯にはスーパーで買ったソーセージに山盛りサラダを作ってうちで食べました。


4日目。この日はマヌちゃんはお仕事。私はIKEAに行きたかったので、こりゃまたじじばばにこたろを預け、彼らはお先に観光へ。私は一人でルンルン買い物へ。こたろは観光旅行の後ホテルに戻り、ホテルでお昼寝したらしく、結局うちに帰ってきたのは夕方遅く。マヌちゃんも帰ってきて夕飯食べにまたお出かけ。おいらのママ友お勧めのインド料理屋さんに行きました。

IMGP3011.jpg
じゃん。

IMGP3012.jpg
こたろはカレーが大好きなのだ。


実は着いた日も夕飯カレー食べに行ったし、基本的にスペイン料理しか受け付けず、スパイスなんかもだめなマヌパパママは気にいらないかなーと心配だ他のですが、なんと大絶賛。かなりおいしかったようです。よかったよかった。普段はビール飲んでばっかでろくに食べないマヌパパママ、今回は飲んでばっかに加えてよく食べてたから太ったんじゃなかろかね。ははは。


そしてこの翌日、スペインに帰っていきましたとさ。


いやあ、今回はお天気があったかくてあちこちいけたこと、マヌちゃんが休みを取ってくれて一緒にいたこと、マヌ兄がいたことで彼らの世話や相手は彼がしてくれたこと、おいらがマヌパパママと無駄に3人&こたろっきりな時間がほとんどなかったことで、今までで一番ストレスフリーで楽しい訪問となりました。ああ、次はいつなんだろな・・・・ 10月かしら・・・・?


ともかく、次はおいらたちの番。もう明々後日、日本に向けて旅立つのだー!!ああ、心配。ああ、どきどき。今回の山場は・・・・日本についてから乗り換えのための成田から羽田への移動です・・・ どうなることやら。
【2009/08/17 23:19】 | La vida en berlin | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

 
マヌ家、ベルリン上陸
11日。先月会ったばかりだけど、またしてもやってきましたマヌパパママ。今回はおにいちゃんまで来ました。

(本当は彼女も来るはずだったのだけど、前にも少し書いたように先月お別れ。3年も付き合ってて、彼女はバレンシア出身なのに彼の住むセビージャまで移り住んで、マヌパパママと同じ医療技術しになるため大学入りなおしたりしたのに。実家来るたび彼女連れてきてマヌパパママにもいろいろ彼女のもの買ってもらったり、なぜか彼女がマヌちゃんの車を乗ってたり、同棲はもちろん自動車保険にまで一緒に入ったりしてたのにね。ま、ともかく恋人同士なんてそんなもの。今回の旅費も彼女の分キャンセルしたってお金戻ってくるわけじゃないしね。今になってマヌママもマヌおばも彼女のこと気に入ってなかったことがマヌパパの口によって判明。ははは。やっぱり。)


さて、到着したその日、うちにきたのはもう夕方。まずはお土産を大量放出。たった4泊の旅に26キロのスーツケースを二つも抱えてきた理由はこちら。

桃、一箱。
IMGP2935.jpg

そして

オリーブオイル、6リットル。
IMGP2936.jpg

Ole!!ここはもうアンダルシアさー。


この日はみんなでカレー屋さんにご飯を食べに行き、おしまい。

さて、マヌパパママはこたろに会うのが目的ゆえベルリンに何度来ててもたいした観光はしたことなかったし、パパはする気もまったくないのですが、もともと親のお金で彼女とベルリン旅行しようとたくらんでいたマヌ兄。うちと公園を行き来して3泊4日を終わらせるわけはありませぬ。ママはもともと旅行したい人だから、マヌ兄が彼女なしで一緒に来た今回は、ラッキーとばかりにあちこち行きました。


ベルリン2日目。まずは定番のブランデンブルグ門へ。
IMGP2938.jpg
この一家、みんな同じ顔してるのよ。

世界陸上のイベント準備のおかげで門はテントで囲われてて中を通ることはできませんでした。しかし観光シーズンだねえ。名所はスペイン人とイタリア人でいっぱい(笑)


足の持病であまり歩けないパパ、片時もビールとタバコが手放せないパパママ、小雨と風でちょっと寒かったこともあり、とりあえずバル的お店に入って休憩。
IMGP2940.jpg
しかしドイツの飲食店は基本みんな禁煙。すばらしいよ、まじで。吸いたい人はテラス席に行くか、ちょこちょこ外に出て一服するのです。

お天気も回復したところで目指すはジャンメルダン・マルクト。
IMGP2953.jpg
しかしこの一家、基本的にいっつも眉間にしわ入れてんのよ。なんで?ちょっとこうたんまで!?

IMGP2956.jpg
マヌちゃんの職場のすぐ近く。とってもきれいな広場です。

ここまで歩いてマヌパパはもうきつそうなので地下鉄に乗って帰宅して、近所のレストランにでも行こうかねとなりました。
IMGP2962.jpg
地下鉄を待つスペイン一家。ここだけリトル・アンダルシア。うるさいです(笑)

アレキサンダープラッツ駅に着き、「この近くで前コーヒー飲んだレストラン、よさそうだったじゃない!そこいきましょうよ!」とママ。探しに行くとなんともうありませんでした。「オレもう歩きたくねーよ(パパ)」、「母ちゃん余計なこと提案するなよ(マヌ)」、といらいらする男二人をよそに「どこでもいいからドイツ料理が食べてみたいぜー」という兄と「せっかくだからこの辺で食べましょうよ!」というママ。

いらいらして使えない旦那を無視して、けなげな嫁はマヌ兄と地図を見つつ地球の歩き方を見ながら「この辺にレストランがあるくさい!!」とまとまりのないスペイン人一同を先導。するとなんとなくよさ気なレストラン発見。やる気のない男子二人(マヌパパ&マヌ)は「はーい、いこいこ」とメニュー見ないで入店。席について落ち着いてからメニューを見て「メニュー少ない!俺食いたいものない!」とぐずるマヌちゃん、ドイツ語&英語表示のメニューを全部訳させておきながら興味のない顔で「お前らの好きなもん適当にたのめ」というマヌパパ。うぜえよ、どんだけ似てるんだ、君たちは。またしても嫁と食べるの大好きマヌ兄が適当に仕切って注文。

IMGP2964.jpg
険悪ムードに陥らないのはこうたんのおかげです(笑)。

とはいえやってきたご飯はみんなとってもおいしくて、普段ビールばっかりでろくに食べないパパもママもよく食べてました。おなかいっぱいでみんなご機嫌。唯一はらはらしたのははじめにパンを頼むの忘れてあとから注文したらなかなかこなくて「パンはまだか。パンが来る前にご飯がなくなっちゃう」といってたマヌパパ&兄。ドイツでは付け合せにお芋なんかがあるからパンは普通の食事とは一緒に食べないようで。けどスペイン人はパンがないと何も食べれないのだ。日本人が白いご飯がないと食べれないってのと同じだね。

おもわず大笑いしちゃったこのシーン。
IMGP2971.jpg
パンは入ってたかごをこうたんが勝手に「おぼうし!」といってかぶっちゃった!!

朝からあちこちいってこたろはお疲れかな?
IMGP2972.jpg
眠いよう。

おなかいっぱい、さあおうちに帰ろう。
IMGP2976.jpg
それでもやっぱりこの一家、眉間にしわ。

この後われらはうちに、彼らはホテルに帰ってお昼寝、と思っても大興奮のこうたんは眠れない。とりあえず家で待ったりして、夕方お昼寝を済ませたじじばばがやってきて近所をお散歩。おもちゃ屋さんに行ってこうたんは電車のおもちゃ(本人は新幹線と思ってる)、私は消防車をじいさんに買ってもらいました。いやあね、この消防車、ちょっとおっきくてかっこよくて18ユーロもするのよ。ほしいけどさすがに自分ではこんな大金は払えないわー、と思っていた品。そしたらマヌパパが「じゃ、これのぞみにかってやる」とマヌちゃんがとめるのも聞かず(笑)買ってくれました。わーい!!


お昼がっつりたべて胃もたれ気味なので、夜は軽めに。
IMGP2980.jpg
手前はママの頼んだほうれん草のグラタン。真ん中はこたろとマヌちゃんの頼んだフランムクーヘン。こたろはやっぱり大好きでした。

この夜、パパママにこたろを預け、マヌ兄とマヌちゃんと三人で夜の街に繰り出しましたとさ。バーでいっぱいやっただけだけど。けど楽しかった!


充実した一日でしたとさ。
【2009/08/17 17:20】 | La vida en berlin | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
バーベキューパーティ
先週の土曜日。なかよしママ友がしばし一軒家のお留守番しつつ休暇をすごすとのことで、そこのおうちでバーべキューパーティをひらいてくれました。で、いってきました。

まずは電車に乗ってー。
IMGP2867.jpg

次は地下鉄乗ってー。
IMGP2868.jpg

集まったのは4家族。子供はみんな男子。1歳、2歳二人、3歳の計4人。

IMGP2874.jpg

素敵なおうち、すてきなお庭。バーベキューも立派!
IMGP2877.jpg


僕のソーセージはまだ??
IMGP2898.jpg

ソーセージをほおばっては・・・・
IMGP2904.jpg
「ほっぺ、プクしたー!」と大喜び。

そしてまた食べるー。
IMGP2911.jpg


マヌちゃんも一緒に参加したけどとっても楽しい一日でした。


さて、ただいまベルリンにはマヌパパママ兄が来ております。今回はマヌちゃんにも夏休みをとってもらってしっかり親孝行していただきたいと思います(笑)。
【2009/08/11 08:21】 | La vida en berlin | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

 
公園遊びと結婚記念日ディナー
昨日。クールな朝ごはん。
IMGP2811.jpg
口の周り、チョコまみれだぞ。

この後、お着替え途中におふざけしてたら、こうたん台所で転んで床で口をぶつけ流血・・・・ ああ、かわいそうに。口って結構血が出るからびっくり。その分治りも早いけどね。

さて、朝スーパーで買い物してたらご近所のお友達ママから「今公園にいるのー」と電話をもらい、「すぐ行きまーす」。たいした買い物もなかったので、さくっと終わらせてうちのそばの公園へ。ほかにもぼちぼち人がいたけど、みんな感じのいい人で穏やかな時間が過ごせました。私はお友達ママとひたすらおしゃべり、子供たちは元気にお遊び。一組で来るより、友達がいたほうが母も子も退屈せずに長いこと遊べるようで。結局2時間以上遊んでました。

いつもの仲良し。
IMGP2818.jpg
二人で水筒を「ちーん!」といいながらぶつけるのがつぼらしく、ずーっとやってました。
相手はおしゃべりのはじまったばかりのおちびさんなのに、もうこたろの名前を呼んでくれるのです。こうたんも彼のことが大好き。月齢は結構離れてるけど、気が合うようで仲良し。子供でも相性があるんだろうね。ま、相手がまだ小さいから、こたろがなんかとったり悪さしても気にせずにいてくれるから、というのも大いにあるのだけどね・・・・ ごめんよー。


こたろの上唇に注目。
IMGP2821.jpg
痛々しく、ぶくっと腫れてます。かわいそうに・・・


さーて、山盛り遊んで帰宅。お昼ごはん食べてお昼寝しようにも、疲れてるはずなのに遊んでばかりで寝ようとしないこたろ。最終的に母がこたろ放置で完全に昼寝体制に入ったらようやくやってきて、ふと気づけばおいらと一緒に寝てました。そのとき夕方5時半。昼寝には遅すぎだよ!!いっそこのまま朝まで寝てくれ・・・・とトライしたものの7時ごろお目覚め。残念。

すぐにマヌちゃんも帰ってきて、マヌちゃんの提案で外食することに!なんせ結婚記念日(の翌日)だもの。当日はこたろが大暴れで夜ははよからぐーすかぴーだったのでね。一日遅くお祝いすることに。


行き先はマヌちゃんの気分により、前にも一度行ったメキシコ料理屋さんへ。

座るとお絵かき道具を持ってきてくれるのです。ありがたい。
IMGP2822.jpg

IMGP2823.jpg
お絵かき真剣さ。


さて、一品目はチーズナチョス。
IMGP2825.jpg
チップスの上に少々のトマトとチーズが山盛りのって、オーブンで焼かれてます。うーん、ジャンクだけどうまし。こうたん、このナッチョのチップスが好きみたい。もりもり食べてました。赤いソースや緑のチリは見るなり「からいよー!からいよー!」だって。よくご存知で。けどソースがちょっとかかっちゃったところも「からいねー!」といいながら食べてました。なかなかやるじゃん。さすが、1歳で辛口カレーを食べさせられた子(笑)。

すでに食べかけですが・・・・
IMGP2828.jpg
手前は前食べておいしかった鶏さんのブリトー。奥はお肉のタコス。肉ってのはひき肉が乗ってました。けど鶏のほうがおいしい。今度からみんな鶏にしよう。


南米人だろうウェイトレスのお姉ちゃんが、うちらの担当ではなかったのにスペイン語を聞きつけて話しかけてきてくれてこうちゃんご機嫌。「おっきくなるためにいっぱい食べなきゃだめよー」といわれ、「Si!Si!!」だって。その後も遊んでばかりであんまし食べないところに、マヌちゃんが「いっぱい食べたらおねえちゃんがチューしてくれるってよ」ってふざけていったら、それまでがうそみたいに大口あけてもぐもぐ。おいおい。君は未来のクレヨンしんちゃんか・・・・

マイジュース。
IMGP2830.jpg
で、気分は一人前。


お会計のときサービスでフローズンカクテルをショットグラスでだしてくれるんだけど、なんとこたろにもアルコール抜きのカクテル(?)をくれました。たぶんオレンジジュースとシロップでサンライズ、な感じ。これにはこうたんもご機嫌。
IMGP2831.jpg
ぶれてるけどかんぱーい!

ああ、やはり外食が楽ちんになったばーい。ゆっくり食事を楽しめました。

帰りに公園によって、親子でながーいことブランコにのりました。ああ、しあわせだなーと感じました。


結婚記念日。一年目はエステポナ、二年目はアテネ、そして三年目はベルリン。来年はいったいどこにいることやら。結婚生活ももう4年目に突入だね。これからも仲良くしましょうね。
【2009/08/06 23:56】 | すくすくちびたん | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

 
最近の写真
ベルリンに帰ってきてからのこうたん。たまってたぶん、一気にアップ。

ああ、怪獣こうたん。寝てるときと写真の中が一番かわいいよ・・・・ ってむろん、泣き叫んでなければいつもかわいいんだけどさ。ああ、育児は心に余裕を持たなきゃだね。わが子の写真を眺めて気分を落ち着けようと思います。


こうたんの好きなCarsのTシャツ。マラガのH&Mでノリで買っちゃいました。
IMGP2729.jpg
似合う?

アンパンマンといいPOCOYOといい、おいら結構キャラ物好きなのかしら。


こちらはスーパーの表にある子供だましの乗り物。
IMGP2743.jpg
あまりにちゃちいので50セントも出す気にはなれません。ゆえにタダ乗り。


こちらはまた別のスーパーで。
IMGP2746.jpg
これは初めてお金入れてあげました。けど動いてる間はびびってばかりで何が起こってるかわかってなかったような。払いがいのない子だねえ。


天気のよかった日曜日。
IMGP2795.jpg
かっこいいでしょ?

IMGP2794.jpg

三輪車に真剣。
IMGP2802.jpg


最後はおとうちゃんと抱っこ。
IMGP2808.jpg
なんだか似たような表情してるね。


こうたんは9時の今もまだ寝てます。このまま朝まで寝て元気に起きてほしいものです。明日は穏やかな日になりますように。
【2009/08/04 20:45】 | すくすくちびたん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

 
魔の2歳児
というものに、こたろはなりつつあるのでしょうか・・・


2歳になって物もわかるようになり、おしゃべりも上手になってきて意思疎通はできるし、子育て楽ちんになってきたかなー、と思っていました。が、なんだか最近また難しくなってきました。とくにスペインから帰ってきてから余計に。じじばばにあまやかされてわがままを覚えたというのもあるのかしら?

変にこだわりを主張して、たとえば公園から家に帰るにもこっちの道を通らなきゃいや、とギャン泣き。もうのけぞって奇声を発しながら泣くのですよ。これはもうストレスフルですよ。

週末は公園でほかの子たちとおもちゃを交換して仲良く遊んでたのです。で、お友達が帰るからおもちゃを返さなくちゃいけなくなりました。はじめは「いやー!もっと遊ぶー」とぐずるも、ま、わかってるからね、ちゃんと納得して自分からお友達におもちゃを返しに行きました。そこまではとってもおりこうさんだったのです。

けど返したとたんにそのおもちゃがほしくてたまらなくなって大騒ぎ。こんなに叫ぶなら公園にも入れないしもう遅いから帰ろうというと今度は帰りたくない!というのもあわさって、手をつけられないほど大騒ぎ。のけぞって奇声を発して大泣き。マヌちゃんにおもちゃやバギーを任せて先に私がこたろを抱えてとりあえず公園から脱出。しばらく話しながら歩くも大泣きのまま。周りの視線がいたいいたい。いろいろしてようやく落ち着いてからは、ちゃんとバギーに座って、「こうちゃん、わるいことした。こうちゃん泣いちゃった。おりこうさん、すると。もう泣かない」と自分で納得してました。ふう。

けど今日も、公園にてほかの子のチョークを借りてお絵かきして遊んでて、その子達がお片づけを始めたので、「こうちゃん、返しなさい。お片づけしなさい」といったらまた同様に大泣き。このときは割りとすぐに落ち着いて、お友達にちゃんと「ありがとう」といいにいけたりしたのだけど・・・・

この帰り道、スーパーによったら買い物途中でなぜか大泣き。たぶん理由は道順かな。スーパーの中でもこっちに行きたい、あっちをみたい、というのがあるらしい。すでに結構買い物籠に入れてたからスーパーからかわずに出るわけにもいかず、いそいで買い物を済ませたのだけど、品物取ってる間もレジに並んでる間もバギーの上でのけぞって黄色い声で大泣き。その間数人のおばあさんにお説教され、若者には明らかにいやな顔で耳栓されたり、「Scheisse(くそったれ)」といわれたり。ああ、もうストレスマックス。そのままうちに帰っても大泣き。無理やり抱えて部屋まで上がり、玄関にこたろを放置して、買ってきたものを整理して、ようやく切れてる母に気づいたこたろが落ち着いてきて、「ごめんなさいは??」と聞くと、「ごめんなさい!こうちゃん、わるいことした。悪い子する(おりこうさんする、といいたいはず)。Vas a ser bueno(正しくはVoy a ser bueno。おりこうさんするの)」だって。

さっきも一緒にお風呂はいってて、シャンプーが目に入って痛い、とぐずり始め、洗うのもいやシャワーもいや、出るのもいや・・・・・あー、大爆発。新しく買った子供用シャンプーだったのだけど、目が痛くならないやつのはず。イタイイタイいうから心配になった母が実験にシャンプーわざとおめめに入れてみたけど痛くも痒くもなかったわよ。うそつき。


今日はせっかくの結婚記念日でご機嫌だったのに、今日は3度もギャン泣きやられて母はもうイライラマックス。こたろが騒いで、こっちも大騒ぎした後はもう後味も悪くて、ああ、なんだか気分悪い。ご近所さん、親子そろって大騒ぎしてごめんなさい。


最近は買い物に行くと8割以上「おんりする!」とぐずり、おりこうにすること、ぺたぺた触らないことを約束させておろすのだけど、まあ、ほしいもののそばから離れなかったりつかんじゃったり。私がテンションあげて、こたろより先に「これ買うよ、ほらとって。あ、これもって。こっちきてー!!」とリードすればいいのだけれど、ゆっくり見れないし、疲れるし、おかげでいっつもなにか買い忘れるし・・・ はあ。



頭ではわかっているはずなこうたくん。どうもいきなりコントロール不能なくるくるぱーな状態に陥るらしい・・・ ドイツではあんましこんな風に大泣きする子って見かけないから余計にお外でこれをやられると参るのですよ・・・。もうトランス状態みたいなものだから落ち着くまでは話も聞いてくれないし黙ってもくれないし。いったいどうしたんだろう。


ああ、なんだかやたらと疲れた一日。泣き叫びまくったこたろはお昼寝なしで、6時前に寝ちゃいました。このまま朝まで寝ておくれ・・・・・・。
【2009/08/04 18:42】 | すくすくちびたん | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑

 
砂祭り
ベルリンも夏でございます。

こちらに帰ってきてから、毎日のんびりした日々を送っております。先日土曜日はいつものお友達と遠足に行ってまいりました。参加したのは4家族。マヌちゃんは我が家でお留守番でした。

行った先はSandsationとかいうお砂の彫刻イベント。どうも国際イベントらしいのだけど、それにしちゃこじんまりとしたものでした(笑)。入場料は普通でおとな6ユーロ!!けど朝10時までに行くと半額の3ユーロ、とのことで、みんなで早起きして行きました。けどよかったよ。6ユーロの価値は・・・・ないかな。3ユーロだったらばっちり楽しめるところです!

まず入るとじゃーん!!
IMGP2758.jpg
お砂山にお砂のおもちゃがいっぱい。遊び放題。子供たちは一気にわーーーー!!とおもちゃに群がっていきましたとさ。

IMGP2761.jpg
こんなショベルカーも。かっこいい!


本当のメインはこちら。
IMGP2762.jpg
こんな仏像や・・・

IMGP2763.jpg
おしりの穴まで(笑)。


彫刻たちは15分もあれば見終えてしまえるくらいでございました。これで6ユーロはないだろう。ここの本当のお楽しみは、彫刻ではなく・・・・

IMGP2764.jpg
子供はもちろん砂遊び!

IMGP2781.jpg
そしてこんなのも!!(こたろはまだうまく遊べませんでしたがね)

IMGP2765.jpg
右手にあるのは軽食屋さん。ぼったくり価格ではなく良心的。むろんお酒もありますよ。

IMGP2780.jpg
そしてこのお天気!!

しかれた砂はさらさらしっとりのかなりハイクオリティ。あちこちにいっぱい椅子やパラソルがおかれてて、トイレもきれいだし(おばちゃんがいてチップ強制ですが)、日光浴にはすばらしいところでした。まるでビーチのごとく。事実すぐ横にはシュプレーが流れ、時々遊覧船が前を通ったり。ベルリン中央駅のすぐそばなので、駅に出入りする電車がひっきりなしに見えて男子はそれだけで大興奮。来て速攻、首がガツンと開いたキャミソールでも着てこればよかったと後悔しました。


ふときづけばお茶目なおじさん発見。
IMGP2775.jpg
ショベルカーに夢中。勝手にのっけてごめんなさい・・・


早起きした上、遊びまくって、この暑さだし(といっても日本やスペインとは比べ物になりませんがね。)、こたろはもうお疲れ最高潮。最後は結局・・・
IMGP2782.jpg
日陰で、持ってきたいつもの電車で遊んでました。

10時前に入場して、出たのが4時過ぎだもの。お日様満喫いたしました。私は基本日陰にいたので大して焼けた感はありませんでした。こうたんは日焼け止め塗っていても腕なんかは少し焼けちゃったけど、心配するほどじゃなかったし。やはりドイツのお日様はゆるやかなのかな。とはいえ襟付きシャツを着せてきてよかった。立て襟にして、首をガードしてたのです。帽子もだいたいかぶっててくれたしね。よかったよかった。


ようやくおうちに帰って、お父さんとアイス。
IMGP2787.jpg


楽しい週末になりましたとさ。ここ、3ユーロならとてもよい!というわけで、マヌちゃんも一緒にもう一度天気のいい日にでもいってみたいなー。
【2009/08/02 23:04】 | La vida en berlin | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

 
アンドゥハからマラガへ
さて、アンドゥハ最後の日。この日もパパママお仕事なので家族でのんびりお散歩など。で、散歩ついでにのぞいた町の市場でやはり見つけてしまった・・・・
IMGP2682.jpg
うさちゃん。「山ウサギありますよー」と書いてあります。アンドゥハにはスペインでも有名な山地があって、山の幸が豊富なのです。季節になれば鹿とか、こんな山ウサギとか、いのししとか、山鳥とか、いろいろ食べれるのです。このあたりの生鮮食品の流通の要だったりするので、山ながら新鮮な海のものもお手ごろに買えるそう。お品も値段も、港のあるエステポナよりずーっとお得なんだって。流通って不思議。

IMGP2685.jpg
奥に見える果物屋さんのオーナーは同じアパートのおばちゃん、つまりご近所さん。見事な黄桃、見えるかな??ベルリンのスーパーや八百屋と比べると、鮮度も値段も大違いさー。ちなみにこたろ、おニューのバギーです。

町を歩いてて、かわいいお店を見かけたので入ってみて見つけた帽子、セール品だったし即ゲット。
IMGP2686.jpg
クイックシルバーだよ。気分はサーファーだね。こたろも気に入って、今までの帽子嫌いがうそみたいによくかぶる。

とまあ、こんな感じにのんびりとアンドゥハの滞在は終わりましたとさ。夕方はじじばばにこたろを預け
毎日二人でお茶のみに行き、リラックスしました。暑かったけどね。おいしいものも食べたし、満足満足。いやあ、だんなの実家は1週間くらいでちょうどいいさー(笑)。


さて、翌日。ベルリンに帰る前日ですが、アンドゥハルにお別れの日になりました。マラガ発ベルリン行きの帰りの飛行機は11時発だけれども、マラガまで車で3時間近いところにあるアンドゥハ。一日前にマラガに移動して、一泊することにしてたのです。
IMGP2691.jpg
まずは普通の電車でコルドバまで小一時間。

コルドバ駅のバルで一休み。
IMGP2694.jpg
スペインの駅のバル。すべてがカウンターの中に納まっているね。おしゃれじゃないけど落ち着くスペインスタイル。


そしてここからマラガまで憧れのAVEに乗って移動。これはスペイン版新幹線!YoutubeでみたAVEの宣伝ビデオでは最高速度は新幹線よりも速く、世界最高峰だとか言ってたような・・・。停車すると、男前のお兄さんたちがたぶん案内係なのかな?各扉の前に出てきちっと立って、笑顔で挨拶してくれたり。こういうサービス、ヨーロッパじゃめずらしいのう。リッチな気分になります。お客がビジネスマンばっかりだったらやだな、と心配したけれど、むしろ子連れいっぱい、観光客メインだったのでホッ。
IMGP2698.jpg
憧れのAVE、快適でございました。あっという間の1時間。


そして駅に近い、ということで予約してた4星ホテルはなんと・・・・駅直通のステーションホテルでした。非常に楽ちん、ナイスチョイス。

ホテルの部屋で一杯。
IMGP2704.jpg
ちょっとデザインホテルっぽく、おしゃれなソファがなぜかドカンとありました。結構広かったし満足。

そして夕方一休みしにいった駅そばのカフェテリア。
IMGP2705.jpg
結婚式前に我が家総出で行って、コーヒー、ビール、ボカディージョ、チュロスにチョコラテ、おつまみまで一気に頼んだカフェテリア。覚えてる??ちーっともかわらずあのままでしたよ。

駅はショッピングビルになってて、母は大興奮。買い物途中に抱っこで寝ちゃったちびとマヌちゃんをホテルにおいて、またひとりでセールのショッピングを楽しみましたとさ。けどゲットしたのはストールとジャケットのみ。けどまあいいか。


ちなみにこちら、ホテルのロビー。バルセロナ風だね。どうもこれもこのホテルの売りのひとつのようで。
IMGP2711.jpg
ま、珍しくておもしろいけどちょっと間違えると下品になりそうな。難しいところね。おいらは結構好きだけどさ。

反対はこんな感じ。
IMGP2717.jpg
奥の上のほうに見える銀色のぐるぐる。どうも2階から滑れる滑り台みたいなの!!事実2階には降り口もあったし。けどデザインなのか本当に滑っていいかわからんじゃん?子供残して一人じゃすべれんしね。しかもふもとにはいかにもビジネスマンの集まりがグラス片手に歓談してたから、そんなとこに滑り込むわけにもいかんしね。こたろを滑らすのもおっかないから、滑り台だよ!!ってこたろに教えてあげたかったけど、気づかれないようにしました。滑り台だとわかったらすべるすべる大騒ぎだったはずだからね・・・・ 次またマラガに泊まることがあったらぜひここで。そのときは滑り台滑れるか、ぜひ聞いてみよう。
【2009/08/01 22:43】 | スペイン風味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

 
アンドゥハ3日目
さて、週もあけマヌパパママはもちろんお仕事。なのにわれらがおきるころにそそくさと仕事を抜けてママが帰ってきて、用意してくれたのはフレッシュオレンジジュース。(オレンジを半分に割って、自動オレンジ搾り機でしぼるだけ)うみゃー。こういう過保護なところ、スペインママなのよね(笑)。
IMGP2664.jpg
けど食べるものはクッキーくらいなもん、ってのもまたスペイン。

スペインの母は毎朝子供に「牛乳のみなさーい!!!」と同様、「オレンジジュースのみなさーい!!」ともいうらしい。風邪にはオレンジジュースと信じて疑わないしね。こんなにおいしいんだもん、いくらでものんだるわよってねー。

マヌママがわざわざ仕事抜けてきたのはうちらがちゃんと起きてるか、心配してのこともあり。そう、この日はこたろのパスポートの申請とマヌちゃんのIDカードの書き換えをするために朝一番に警察署でアポをとってくれてたのです。以前はその場でさくっと作ってくれたのに、パスポートもIDカードもICチップ搭載のになり、作るのに時間がかかるせいか、アポイントメント制に変わったようで。それでも時間通りに行かないのがスペインですがね。なぜだ。

こたろのIDカードも申請するつもりだったんだけど(本来は15歳くらいから義務なんだけど、希望すれば子供でも作ってもらえるのです)、書類不足にてできず。今回はパスポートのみ。だってね、スペインの子供のパスポート、2年で切れちゃううえ、更新はできず毎回1から書類を取り直して新規作成しなきゃいけなくて。IDカードなら一度作ってしまえば書き換えだけだから書類も特に要らず、期限もながかったんだっけな?けどまあ、これは次回の帰国の際にすることにします。

午前はお役所手続きをし、お昼はママと一緒に食べ、おひるね、お散歩。そして夕飯はマヌちゃん希望にて外食!マヌ家お気に入りのお店に行きました。

メニュー。
IMGP2668.jpg
結婚式の後に行ったねー。覚えてるかなー?

頼むのはいつも同じ。
IMGP2671.jpg
ペルディスのパテ。このあたり名物の山の鳥さんね。

IMGP2672.jpg
奥にあるのが確かグラナダ名物のアバス・コン・ハモン、ソラマメと生ハムの炒め物です。スペインではソラマメは小さい方がいいものらしい。日本のように大振りなものは好まれないゆえ見かけません。でかいのおいしいじゃんねー。で、右はペルディスのサラダ。パテと同じペルディスというとりさんの肉入り。

こたろのヒットは・・・
IMGP2673.jpg
パテ。もさもさ食べてました。さすがスペイン人ね。じじもこれには満足。母のパテの塗りが甘い、もっとぬってやれとじいさんにだめだされました(笑)

IMGP2676.jpg
大皿だときついのでタパ(おつまみ)サイズでチョリソーとモルシージャ。日本でチョリソーというと辛いソーセージだけど、こちらのはちっとも辛くない。パプリカ入りのサラミのような。モルシージャは血のソーセージ。といっても8割方たぶん脂だから超ヘビー。ひとかけら食べたら胃がもたれます。けど美味。

最後においらのリクエスト(をマヌちゃんがさり気にパパに話してたらしい)
IMGP2681.jpg
コチニージョのから揚げ。コチニージョは子豚さん。生まれたてだか生まれる前だかなみにちーさなかわいい豚さんなのです。肉屋さんでころんと並んでるのをみると、思わず切なくなるほどですがこれが美味なのです・・・ けどおいらこんな風にかりかりに揚がってるのより、ジューシーなほうが好きなんだよなー。アンダルーはなんでもすぐ揚げるような気が。あ、オリーブオイルの産地だからか。ともかくおいしゅうございました。


というわけで、久々のスペインの味堪能でした。やっぱりうみゃー。
【2009/08/01 21:40】 | スペイン風味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。