スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
アンドゥハ到着
さて、バルセロナも6日目の朝。早起きして地下鉄と電車を乗り継ぎ空港へ。こうたんもまだ眠い時間だったのだけど、目覚め前にもぞもぞと動き出しておっぱい飲んでるところで、「こうちゃん、電車のるよ、飛行機乗るよ」といったら「のるー!!」とご機嫌に目覚めさくさくと用意してくれました。ああ、乗り物好きな子でよかったよう。

さて、こちら。バルセロナの空港の搭乗口そばにあるキッズゾーン、とでもいうのか?バルセロナ空港はこたろとふたりで乗換えで何度か利用したけど、そのたびに空港案内図に「キッズゾーン」とありながらもなーにもなかったのだよ。すくなくともおいらはいっくらさがしてもそれらしきものが見つけられなかったのだよ。で、今回初めて遭遇。しかもこれから乗る登場口の真横。なんてラッキー。

IMGP2632.jpg
こたろのおしり、みえるかな?

IMGP2635.jpg
ぶらーん。おさるみたい。

いやあ、これがあるだけで子連れのたびがどれだけ楽になるか・・・・ 朝から寝不足の上乗り物いっぱいで大興奮のこうたん。ここでもひと遊びしてご機嫌のまま機内へ。すると、離陸の振動でうっつらうっつら。そのままずーっと寝てました。マラガについてみんながおりだしたときのざわめきでお目覚め。いやあ、楽ちんなたびでした。

マラガに着いたら、さっそくじじばばがおもちゃを手にお待ちかね。というか、じじばばを見た瞬間に「プレゼント!」だか「車ちょーだい」だかそんなことを言ったらしい・・・・ こたろにとってはじじばばはサンタさんみたいなもんな用で・・・ 朝が早かった分、着いたのもあさ10時とかだったかな。じじの車で目指すはアンドゥハ。こ車で2時間半の道のりが多分一番疲れたよ。朝もはよから車で往復してくれたじじばばも、さぞかし疲れたろうに。いつもありがとう、マヌパパママ。

家に着くなりまたいくつもプレゼントをもらい、愛犬サリージョにからみまくりご機嫌おちび。お昼にはママがリクエストどおりパエジャを作ってくれてスペインの味堪能。おなかがいっぱいなったところでお昼寝。ああ、やはり暑いぞアンダルシア!


ぐっすり3時間ぐらい寝て目覚めたら前にバルセロナであったばかりのマヌ兄が来てました。
IMGP2636.jpg
POCOYOの本を読んでもらうちび。

あ、こんなところで書くのもなんですが、マヌ兄、われらがバルセロナに来る前の日に例の彼女と別れたらしいです。ほぼ3年近く付き合ってたのにねー。マヌ兄と彼女は自動車保険一緒にはいったり、マヌちゃんの車をベルリンからスペインに送った後、なぜか彼女が乗ってたりまでしたのに。ってか来月(今月かな?8月ね)にベルリンにも彼女も一緒に来るはずだったのに(キャンセルしたのかな?)。ここまでべったり家族ぐるみだったのに、別れるとなればあっけないものですね。あらー、そう。しかしマヌ兄。おいらは大っ嫌いだったのだけど、彼女と別れてからびっくりするほど感じよくなりました。なんだそりゃ。マヌちゃんは彼女とまったく気が合わなかったから別れて喜んでいるようで。彼のほうは今回のバルセロナ出張ですでにいい子ができちゃったりして。しかもすっごい美人のスッチーらしい。おいおいなんだよそれ。マヌ兄、おでぶでお世辞にも男前とはいえないけれど、もてるらしいです。話術か・・・・・


お昼寝後にマヌちゃんがアイスを食べてると、無論ほしくなるこたろ。気前のいい甘やかしのじじばばはこたろにも一本ほれと。
IMGP2640.jpg
だけどこの後すぐにギブアップ。そりゃそうだろ。


このあとマヌママの独断でみんなでカルフールまで買い物に行くことに。そこまでして急いで買うものがあるんかい、とマヌちゃんは文句たれたれだったのですが、見事新しいバギーを買ってもらいました。65ユーロもうけー。そして帰り道にママの職場(うちから徒歩2分です)にご挨拶。ママの同僚にま、孫の見せびらかしです。けど前においらが体壊してくれたときに診てくれた、パパの友達でうちらの結婚式にも来てくれたお医者さんもいて、懐かしい結婚式の話なんかして。そういやおばちゃんの頭縫ってくれた先生じゃないかな?

こたろが乗り物大好きだ、となると、パパママの同僚の救急車の運転手さんが救急車にのせてくれました!
IMGP2642.jpg
ほーらほら、これが本物の救急車だよー。

IMGP2645.jpg
こたろが中にいるの、わかるかな?

IMGP2648.jpg
うれしすぎてびびり顔。

サービスに一瞬だけサイレンまで鳴らしてくれちゃって。
IMGP2649.jpg
「すごいだろ!」と自慢気なじいちゃん。ちなみに下に見えるのがこたろの頭ね。

こうたん、これには大興奮ですよ。おかげでこの日以来、救急車がこたろのお気に入りランキングのトップに躍り出ましたとさ。そしたらじいさん、「隣町に行けば警察の知り合いがいるし、こたろが乗りたいというならば、パトカーだってゴミ収集車だってのせてやるわい!」だって。これがスペインのじじばばの孫の愛し方なのさ。濃いだろう!!

ってか写真見てたら、この救急車に乗ってるのですでに夜の9時半だよ。ここでも夜更かしな日々は続くのです・・・ ま、いいさ!スペインだもーん。
スポンサーサイト
【2009/07/31 22:55】 | スペイン風味 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<アンドゥハ2日目 | ホーム | バルセロナ5日目>>
コメント
パパママは、ほんとに、こうたを可愛がってくれて、ノンさんは幸せだよ。

こうたんをどうやって喜ばせようか、心底考えてくれて、ありがたいねー。スペイン人が家族を大事にするって本当だね。

救急車感動だったろうね。

いつまでも記憶に残るかもね。


【2009/08/01 03:41】 URL | よしよし #-[ 編集] | page top↑
よーし、岩国にきたら消防署の前まで連れて行ってあげよう!

誰も知り合いおらんけど。
【2009/08/01 15:17】 URL | なみこ #-[ 編集] | page top↑
よしちゃん

そうだね。こんなに溺愛してくれるのはありがたいさ。やはりお国柄みたいだよ。ドイツのじじばばはかなりさっぱりらしいし。


なみこ

みるだけで喜ぶよー。本物は迫力がちがうもんねー。
【2009/08/02 21:04】 URL | のじ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nozzyboo.blog23.fc2.com/tb.php/389-7fa70019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。