スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
マヌ家、ベルリン上陸
11日。先月会ったばかりだけど、またしてもやってきましたマヌパパママ。今回はおにいちゃんまで来ました。

(本当は彼女も来るはずだったのだけど、前にも少し書いたように先月お別れ。3年も付き合ってて、彼女はバレンシア出身なのに彼の住むセビージャまで移り住んで、マヌパパママと同じ医療技術しになるため大学入りなおしたりしたのに。実家来るたび彼女連れてきてマヌパパママにもいろいろ彼女のもの買ってもらったり、なぜか彼女がマヌちゃんの車を乗ってたり、同棲はもちろん自動車保険にまで一緒に入ったりしてたのにね。ま、ともかく恋人同士なんてそんなもの。今回の旅費も彼女の分キャンセルしたってお金戻ってくるわけじゃないしね。今になってマヌママもマヌおばも彼女のこと気に入ってなかったことがマヌパパの口によって判明。ははは。やっぱり。)


さて、到着したその日、うちにきたのはもう夕方。まずはお土産を大量放出。たった4泊の旅に26キロのスーツケースを二つも抱えてきた理由はこちら。

桃、一箱。
IMGP2935.jpg

そして

オリーブオイル、6リットル。
IMGP2936.jpg

Ole!!ここはもうアンダルシアさー。


この日はみんなでカレー屋さんにご飯を食べに行き、おしまい。

さて、マヌパパママはこたろに会うのが目的ゆえベルリンに何度来ててもたいした観光はしたことなかったし、パパはする気もまったくないのですが、もともと親のお金で彼女とベルリン旅行しようとたくらんでいたマヌ兄。うちと公園を行き来して3泊4日を終わらせるわけはありませぬ。ママはもともと旅行したい人だから、マヌ兄が彼女なしで一緒に来た今回は、ラッキーとばかりにあちこち行きました。


ベルリン2日目。まずは定番のブランデンブルグ門へ。
IMGP2938.jpg
この一家、みんな同じ顔してるのよ。

世界陸上のイベント準備のおかげで門はテントで囲われてて中を通ることはできませんでした。しかし観光シーズンだねえ。名所はスペイン人とイタリア人でいっぱい(笑)


足の持病であまり歩けないパパ、片時もビールとタバコが手放せないパパママ、小雨と風でちょっと寒かったこともあり、とりあえずバル的お店に入って休憩。
IMGP2940.jpg
しかしドイツの飲食店は基本みんな禁煙。すばらしいよ、まじで。吸いたい人はテラス席に行くか、ちょこちょこ外に出て一服するのです。

お天気も回復したところで目指すはジャンメルダン・マルクト。
IMGP2953.jpg
しかしこの一家、基本的にいっつも眉間にしわ入れてんのよ。なんで?ちょっとこうたんまで!?

IMGP2956.jpg
マヌちゃんの職場のすぐ近く。とってもきれいな広場です。

ここまで歩いてマヌパパはもうきつそうなので地下鉄に乗って帰宅して、近所のレストランにでも行こうかねとなりました。
IMGP2962.jpg
地下鉄を待つスペイン一家。ここだけリトル・アンダルシア。うるさいです(笑)

アレキサンダープラッツ駅に着き、「この近くで前コーヒー飲んだレストラン、よさそうだったじゃない!そこいきましょうよ!」とママ。探しに行くとなんともうありませんでした。「オレもう歩きたくねーよ(パパ)」、「母ちゃん余計なこと提案するなよ(マヌ)」、といらいらする男二人をよそに「どこでもいいからドイツ料理が食べてみたいぜー」という兄と「せっかくだからこの辺で食べましょうよ!」というママ。

いらいらして使えない旦那を無視して、けなげな嫁はマヌ兄と地図を見つつ地球の歩き方を見ながら「この辺にレストランがあるくさい!!」とまとまりのないスペイン人一同を先導。するとなんとなくよさ気なレストラン発見。やる気のない男子二人(マヌパパ&マヌ)は「はーい、いこいこ」とメニュー見ないで入店。席について落ち着いてからメニューを見て「メニュー少ない!俺食いたいものない!」とぐずるマヌちゃん、ドイツ語&英語表示のメニューを全部訳させておきながら興味のない顔で「お前らの好きなもん適当にたのめ」というマヌパパ。うぜえよ、どんだけ似てるんだ、君たちは。またしても嫁と食べるの大好きマヌ兄が適当に仕切って注文。

IMGP2964.jpg
険悪ムードに陥らないのはこうたんのおかげです(笑)。

とはいえやってきたご飯はみんなとってもおいしくて、普段ビールばっかりでろくに食べないパパもママもよく食べてました。おなかいっぱいでみんなご機嫌。唯一はらはらしたのははじめにパンを頼むの忘れてあとから注文したらなかなかこなくて「パンはまだか。パンが来る前にご飯がなくなっちゃう」といってたマヌパパ&兄。ドイツでは付け合せにお芋なんかがあるからパンは普通の食事とは一緒に食べないようで。けどスペイン人はパンがないと何も食べれないのだ。日本人が白いご飯がないと食べれないってのと同じだね。

おもわず大笑いしちゃったこのシーン。
IMGP2971.jpg
パンは入ってたかごをこうたんが勝手に「おぼうし!」といってかぶっちゃった!!

朝からあちこちいってこたろはお疲れかな?
IMGP2972.jpg
眠いよう。

おなかいっぱい、さあおうちに帰ろう。
IMGP2976.jpg
それでもやっぱりこの一家、眉間にしわ。

この後われらはうちに、彼らはホテルに帰ってお昼寝、と思っても大興奮のこうたんは眠れない。とりあえず家で待ったりして、夕方お昼寝を済ませたじじばばがやってきて近所をお散歩。おもちゃ屋さんに行ってこうたんは電車のおもちゃ(本人は新幹線と思ってる)、私は消防車をじいさんに買ってもらいました。いやあね、この消防車、ちょっとおっきくてかっこよくて18ユーロもするのよ。ほしいけどさすがに自分ではこんな大金は払えないわー、と思っていた品。そしたらマヌパパが「じゃ、これのぞみにかってやる」とマヌちゃんがとめるのも聞かず(笑)買ってくれました。わーい!!


お昼がっつりたべて胃もたれ気味なので、夜は軽めに。
IMGP2980.jpg
手前はママの頼んだほうれん草のグラタン。真ん中はこたろとマヌちゃんの頼んだフランムクーヘン。こたろはやっぱり大好きでした。

この夜、パパママにこたろを預け、マヌ兄とマヌちゃんと三人で夜の街に繰り出しましたとさ。バーでいっぱいやっただけだけど。けど楽しかった!


充実した一日でしたとさ。
スポンサーサイト
【2009/08/17 17:20】 | La vida en berlin | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マヌ家、ベルリン上陸 その2 | ホーム | バーベキューパーティ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nozzyboo.blog23.fc2.com/tb.php/399-c69b0b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。