スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
充実
今週になって天気の悪いベルリン。今日も雨かと目を覚ますと、肌寒いもののお日様のさすいいお天気。

「お散歩行こう!」といいながらおきたこうたんですが、ベッドから出た瞬間にはその言葉を忘れ、電車で遊ぶ遊ぶ。結局朝ごはんにありついたのは目を覚ましてから小一時間後。


散歩でも行こうかと鏡の前にたつと頭はぼっさぼさ。それもそのはず、2月に日本で切って以来伸ばしっぱなしのショートヘア。もういい加減にやばいなあ。先月美容室を予約したものの、花粉症や体調不良で無理だと判断してキャンセルしていたのだけど、もうさすがに大丈夫かな、と予約の電話。するとラッキーなことに今日の午後あいてるとのこと。思い立ってすぐいけるなんてなんだかうれしいわー。というわけで、それからスーパー買い物に行って、軽く掃除して、お昼ご飯を食べて、ひさびさの美容室に行ってまいりました。

Linkという美容室なのですが、日本人の美容師さんなので、安心して(?)いけるのです。しかも子供の遊びスペース&おもちゃもおいてあって、子供を連れて行けるのがとても助かる!!うちからも近いし、上手だし。今日もきれいにカットしてもらいました。


カットを終えて元気だったので、歩いてアレキサンダープラッツまで。目的地はアジアショップ。またかい!!マヌちゃんがいない間アジアご飯の割合高すぎですねー(笑)。今日はもやしに、中国産だけど韓国春雨、韓国のりをゲット。日本ののりって高いのねー。手が出ませんでした。

そのあといろいろ付き合ってくれたお礼にこうたんにアイスをおごってあげて、テラス席で食べていたところになぜか笑顔でドイツ人のおばちゃんが同じ席に座ってきて、なんと日本語で「今お時間ありますかー?」。まさか日本語で話しかけられるなんてびっくり。で、日本語の新聞記事を見せられて、ここちょっと意味がわからないんだけどー、と。その流れでしばらくいろいろお話させてもらったんだけど、とっても楽しかったです。


そのお話、こんなところで書いていいのかわからないけど、ま、所詮おいらのブログ、誰が読んでるわけでもないしね。とても印象的だったので残しておきます。

その方、それこそ今から50年位前、少女時代から日本人と文通をしてたんだそうで。そして大阪万博のときに始めて日本に行ってとても気に入って。文通の相手と恋に落ちて、結婚したかったくらいなんだけど、相手はなんと久留米の人でその時代じゃ「外国人はいつまでたっても日本語がはなせないから!」とか反対され彼女もそこになじむことはできないだろうと、恋をあきらめたんだそう。その後、また日本に。今から30年以上前に松山の病院で医学療法士として3年働いていたんだそうです。そのころ青い目金髪の外国人は珍しくてしょうがなかったから、街を歩くたび「アメリカ人アメリカ人!!」といわれ、いやでしょうがなかったんですって。それで黒髪のかつらをかぶってサングラスをして街を歩くようになったって。ある日街中で知らない黒人の人に出会って、知らない人にもかかわらずおたがい手を振り合って「気持ちわかるー!!!」と共感しあったそうです。その人いわく、「黒人は手を見ただけでもわかるから、変装(?)の仕様がないんだ」といっていたそう。ああ、胸が痛くなる話。

そんないやな思い出もあるけれど、いまだに日本は大好きで、日本人のお友達もたくさんいるそうで。初めに見せてくれた新聞記事もお友達の娘さんが出てるからと送ってくれたんだそうです。

小一時間お話しさせてもらったのだけど、とても楽しかった。こういう出会いもあるんだねー。いろんな人がいるんだなーと改めて感じた時間でした。



さて、その後もおばちゃんに元気をもらったのか、めずらしくまだ元気があったわたしたち。こうたんが噴水が好きなので、じゃ、噴水でも見に行くか、とアレキサンダープラッツへ。するとこうたん「ソーセージが食べたい!!」だと。アイス食べたばっかりなのにねえ。お昼軽かったからおなかすいたのかね、とソーセージも買ってあげました。たまにはこういう食べ歩きもたのしいわねー。といっても食べているのはこうたんだけですが。ソーセージを食べている間、ずんどこずんどこ打楽器の音がずーっと聞こえていて、こうたんは興味しんしん。なにか面白いことでもやってるのかな、と見に行くと、若いお兄ちゃんたちがダンスを披露していました。

黒人のお兄ちゃん4人くらいと、アラブ系っぽい子ひとり、イタリア系みたいな子一人といかにもドイツ人の子は打楽器をしてる子だけ。みんなべらべらにドイツ語で話してたからドイツにずっと生きてる人たちなんだろうけど、ルーツはどこなんだろなー。ま、どうでもいいんだけどさ。みんな上手だし、すっごくたのしそうにパフォーマンスをしてて面白かったです。観客もいっぱいいてなかなか人気のようでした。これにね、こうたんがはまっちゃって。結局3回もパフォーマンスを見ましたよ。しかも最前列に一人座り込んで。はじめはパーカッションに惹かれてたようだけど、その後ダンスを見て「すごいねー」といってました。

パフォーマンスの間になんとなくドーナツが食べたくなって、近くのダンキンドーナツにいってドーナツをひとつずつ食べ、戻ってきてまた観賞。お兄ちゃんたちに顔覚えられそうでこっちが恥ずかしかったよ。けどこうたんはとっても楽しかったようです。


しかしダンキンドーナツ、初めていったのだけれどシステムもいまいちよくわからず、とりあえずドーナツ2個にコーヒーのセット3.9ユーロを頼んだんだけど、よく考えたら、これ高いね!肝心のお味はやはりミスタードーナツのほうがおいしいし種類も多いし・・・ ドイツで食べるなら普通のパン屋さんのドーナツのほうがずっとおいしいな。というわけで、もう行かないや。


そんなこんなで観光客のような午後を過ごしてうちに帰るともう7時半過ぎ!充実した一日を過ごしました。さすがに買い食いしまくっておなかもすいてないだろうから夕飯は食べないだろうから、果物でも食べる?と聞くと「バナナヨーグルト食べる!」だって。結局バナナ2本にプレーンヨーグルトたっぷり食べ、キウイも1個食べ、寝る用意をして9時にはベッドへ。さすがにお疲れだったのか、すぐに寝ました。

しかしこうたん、お昼ご飯以降に食べたもの、アイスクリーム、焼きソーセージ、ドーナツ、バナナ2本にヨーグルト300ccは食べたな。そしてキウイ。その辺のお姉さんより食べてるな!!すごい!明日はまともなご飯にしましょうねー。


ともかく今日はカメラを持ってくのを忘れたのが残念でした。変わったことしたのに字ばっかりのブログになってしまいました。はは。
スポンサーサイト
【2010/05/05 22:29】 | La vida en berlin | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<トイレトレーニング、その後 | ホーム | めずらしい一日>>
コメント
良い人にであったね。

その頃の日本は外国の人に対して、本当に心無い言葉を投げつけていたよね。

今でも一部の人は、心無い言葉や、態度で接したりするのだろうけどね。

でもそれが全部の人ではないことが、日本を嫌いにならなかった理由だね。

いずれにしても、外国で暮らすことは心無い人との接触も日常的にあるので、大変だよね。

外国で暮らした事のある人同士、そういう気持ちも分かち合えたので、年齢を超えて、話が通じたのだね。






【2010/05/06 17:45】 URL | よしよし #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nozzyboo.blog23.fc2.com/tb.php/526-1816bdf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。