スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
これまでの検診
で、初めて病院へ。保険のことをかかされたり、住所、生年月日、子供の数、最後の出産したとき、最終生理日などを聞かれ・・・・「あら、あなたおなかにベイビーがいるの??」だって。ええそうです。

病院は大丈夫?っていうほどがらがら。ようやくいろんな手続きをおえて診察室へ。早速内診台で内診。それを横で恐ろしげに見守るこうたん(笑)。そしてエコー。こちらが初めて確認したわが子です!!
IMGP5552eco1.jpg
ちゃんと赤ちゃんのかたちしてるー!

写真を見て9週だとわかったけれども、先生から赤ん坊についての説明はなにもなし!で、問診かと思いきやまずいわれたのがなんたらかんたら検査をするか??きょとんとしてるとパンフレットをわたされこれは保険が利かないから、とのこと。保険が利かない検査ってなんだ??すると「ダウン症とかがわかる」とのこと。つまりは羊水検査とか?それだったらする気はないけれど、よくかわらないのでとりあえずそれだけもらってきました。

そして葉酸とか処方されるかと思いきやなにもなし。次回にもってきて、と問診票をもらい、お土産に妊娠雑誌やカレンダーなどをもらい、次回の検査用におしっこ用の試験管をもらい、「朝ごはんに甘いものは食べないできてね!!」と次の約束をもらっておしまいでした。

で、うちに帰ってそのパンフレットをいろいろみてみると、やはり出生前診断の検査のことらしい。なんで妊娠がわかって初めに聞くのがこれなんだろう、とすごく謎。そういうものなのかなんなのか。高齢出産ならまだわかるけど、わたしまだ27だし。ちょっと大丈夫かこの医者さん・・・・





そして二度目の検診。もってきたおしっこと問診表を提出。またもや内診。そして問診。例の検査はするか、と前回の検査の事を聞かれたので、「わたしはまだ若いし、必要ないと思います」というと、「したいのか、したくないのか」ときかれ、「したくないです・・・・」と答えました。で、そのあとはなーんもいってることがわからない。とりあえずわかったのがトキソプラズマに気をつけろ、とチーズは食べるな。(その後看護婦さんに確認したら、白カビチーズ系がだめらしい。ドイツ語でWeich Kaeseといわれました)。そして今度はまた別のパンフレットを出され、「この検査をしたいか?これも保険が利かないけれど。」ちーっともわからないけれど、看護婦さんの説明でわかったのが膣の感染を調べるらしい。けど何の感染?したほうがいい検査なのかなんなのかもわからないし。。。超必要なら保険が聞くはずだし。したかったら検査キットを薬局で買ってこなけりゃいかんらしい。この病院、保険の利かない治療のおし売りしかせんのだろうか?

あと、「わたしは風疹の予防接種を受けてないんですけど・・・」というと、「それは検査をすればわかるから」とさらっと流され・・・ 接種してないって本人が言ってるんですけど!

わたしはドイツ語ちっともできないけれど、妊娠は所詮妊娠だし、こうたんのときの経験もあるし、問診で出てくるテーマに関しては大体わかるだろうと思っていたのだけど、もう言ってくるのが想定の範囲外、なんだもの。ごく当たり前の妊娠コントロールさえできればいいのに、なんでこうよくわからないことばかりなのだろう・・・さすがに「お友達でドイツ語のできる人をつれてきなさい。」といわれてしまいました。

で、2度目のエコー。
IMGP5585eco2.jpg
写真によると10週。またしても「おっけい」といわれただけで説明は何もなし。ま、おっけいならいいけど。

そして血液検査用に血を抜かれておしまい。




そして三度目の検診。ドイツ語の達者なお友達に来てもらい、今回初めてマヌちゃんも一緒に行きました。すると先生が休暇明けだったせいか今まで貸しきり状態にがらがらだったクリニックがこみこみ!!以前は15分くらいですべてが終わったのに、今回は2時間以上かかりました。

待って待って、ようやく診察室に入ると検査の結果発表。今回はお友達が通訳してくれたので心強かったです。まずはクラミジアが陰性ってのはおかしいらしい。どうもドイツじゃ子供のうちにかかるか何かで陽性が普通らしい・・・?そして、風疹抗体がない。子供からはなれなさい!もし上の子が風疹にかかったならば彼も離しなさいと厳しくいわれました。だからさー、前回言ったじゃんね。あと「トキソプラズマの検査をしたくないといわれたがなぜだ!あれは妊娠中に必要な検査なのに」といわれたそうです・・・ そんなこと言った覚えないよ・・・・。したくないといったのは出生前診断だけだぞ?間違えないようにパンフレットを出して、この検査はいりません!といったのに。どっからそんな話になったんだか。ま、確かにわたしがろくにドイツ語ができないのが問題ですが、それでもねえ。ともかく風疹抗体がないのは大問題だから細かく検査をしていくといわれたようです。なので、また血液検査。


それだけいわれて「エコー見たいかい?」と聞かれ「もちろん!」。ベッドに横になると、お友達とマヌちゃんのまん前でいきなりぺろり!とスカートをめくられる(下は裸)!!これにはお友達もマヌちゃんもびっくり!いやあ、恥ずかしかったってば。まずは膣に入れるエコーを試すも「ちっ、みえない」だと。で、おなかからに切り替え。
IMGP5747eco3.jpg
あたまと脳みそらしきものが見えるね。頭側からだから下は見えなかったようで、性別は今日はわからないといわれました。残念。

それでもお友達のおかげでいいたいことがちゃんとわたしに伝わったせいか、おじいちゃん先生、いつもよりすこし機嫌がよさそう?でした。



で、来週血液検査の結果が出るからまたお友達と一緒に来て!!といわれました。本当なら電話で済むことらしいけれど、電話じゃおいらなにもわからないのでね・・・・ 次の検診はさらに1ヵ月後のようです。その予約は来週とってね、とのこと。もうお友達様様でございます。


しかしお友達にも「変わった先生だね・・・」といわれちゃった。ほかのを探したら?ともいわれたけどいまさらめんどくさいもんね。検査もいろいろしちゃったし、あと6月と7月に検診するだけだし。あとは引っ越すし。子はかってにすくすく育ってくれるから、最低限のコントロールをしてもらえばいいのさ。ま、お友達には迷惑をかけちゃうけれど・・・


とまあ、いままでの検診ダイジェスト。あーあ。やはり異国ってのは大変だな。
スポンサーサイト
【2010/05/28 16:17】 | 二人目妊娠 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<つわりの記録 | ホーム | 病院探し>>
コメント
わー、すごい!
おめでとうございます。
つわり大変そうですね。
私は一か月起き上がれなかったので本当にきつかったなあ。

どうぞお大事に!
【2010/06/01 13:57】 URL | ゆっきー #-[ 編集] | page top↑
ゆっきーさん

ありがとうございます。ようやくつわりも終わったのか元気になりました。上の子のときは動けないほどではなかったのだけど。毎回違うものですね。
【2010/06/01 15:07】 URL | のじ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nozzyboo.blog23.fc2.com/tb.php/533-59daee64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。