スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
悪夢の産後2
文章にしてたらきりがないのでここからは箇条書きで書きます。

・お産の二日後、何度も「部屋が汚いから掃除機かけなきゃねー」というおいらの遠まわしなお願いに気づかず(無視?)、もう耐えられないおいらが掃除機をかけるも、彼女はテレビ見たまんま。ちょっと意地悪かなとおもいつつソファにいる彼女に「掃除機かけるからちょっと足上げてー」といったら普通に足上げてくれましたよ・・・・ おい。

・彼女が来た翌日に、「我が家はお昼は1時くらいには食べてね、夜は7時にはこたろと二人で先に食べて、マヌは仕事でおそいから、帰ってきてから食べるんだ」と話し、「そうよー、子供はいつもの時間で食べないとね。」とコメントしながらも、ある日午前中一人で散歩に出かけ、帰ってきたのが1時過ぎ。お昼ごはんは3時過ぎ。ばりばりスペイン時間。

・そのシチューができあがったら、台所からわたしにむかって「ちょっときて!あなたが注いで」。こたろがどれだけ食べるかわからないから・・・って。そんなのどうでもいいんですけど・・・。動けるよ、そんなことできるよ、けどわざわざおいらを呼び出すほどのこと?ちなみにおいら産後3日目。ああ、この人私の手伝いをしにきたつもりはまったくないんだ、と実感した瞬間。

・夜ご飯は自分から準備することはなし。一度は夕方からポテトサラダを作りっておいてくれたので、それをうちらが出して食べたけど、そのときも「ポテトサラダだけじゃご飯にならないでしょ」。あ、さらにおいらに作れって事ですか?

・「じゃ、お昼の残りのレンズマメのシチューでいいんじゃない」というと「レンズマメを夜食べるの!?」と険しい顔。スペインじゃ豆類はヘビーだからとお昼ご飯でしか食べないのです。けどほかに何もないしね。夜ご飯とはいえスペイン時間の10時じゃなく、デンマークの7時過ぎですから胃にもたれることも特にないですよ。

・「最近こたろがお水や麦茶を飲めるようになったから、きっぱりジュースを買うのをやめたんだ。ジュースがあるとそれしか飲まないから。やっとジュースをやめれたよ」という話をこれまた来た翌日にし、「そうね、お水が一番よ」といいつつ、初めて一人で買い物に行った日ジュースを買ってきてこたろに見せて「ほら!あなたにジュース買って来たわよー!!」そして私に向かって「おっぱい出すあなたものみなさい」と。ありがとう・・・けどこないだはなしたよね??

・それに気づいていたマヌちゃん(意外だけどね!)、ある晩「ジュース買うのやめてくれる?それしか飲まなくなるからー」とやさしく普通にいったら「あれはあの子の母親に買ってきたのよ!何よあんたはあたしをしかってばかり!朝ごはんにあんだけチョコクリーム塗ったパンあげといてなによ!!」と切れたらしい。チョコ食べた後は歯を磨くし、ジュースはだらだら飲む上、それ以外の水分を取らなくなるからなんですが。それ以前にそういうことは親のわたしたちが決めることなんですけどね。

・それ以来夕飯を作ることもなく、食器を洗うこともなく・・・・ちなみにマヌちゃんがいないで私だけだと、お昼ご飯も作ってくれませんでした。夕飯はマヌちゃんが作りました。無論彼女はそれを食べないけれど。

・こたろが幼稚園に行きたくないとぐずって泣いてると。「あんた、幼稚園でよりうちで泣いてるじゃないの!」と怒鳴ったかと思いきや、汚いものでもみるかの目でこたろをじーっっと横目でみていました・・・・ は???それ以来こたろが泣いたりしかられるたび、冷たい目で見るだけ。昔は「子供ってのはそんなものよ。当然でしょ。○歳にしちゃとてもおりこうにできたわよ」とかいってたのに。

・兄弟の誕生やら幼稚園のことで不安定なこたろのことを相談すると、「ホセ(マヌちゃんの兄)は僕の赤ちゃんだって言ってたわよ、ほほほー。なにも問題なかったわよ」「幼稚園には何年行っても、泣く子はいるのよね・・・(馬鹿な子ねー的余韻)」。あ、そうですか。


・わたしがこたろを寝かしつけてる間に、赤ん坊がおお泣きしてマヌちゃんがあやしていてそれでも泣き止まなかったら、「私は抱いてやらないわよ!私が抱くと、その子の母親がすぐにうばいに来るからね!へっ!」と切れた口調で何度も言ってたらしい・・・ 



そんなこんな日々が続き、今度はこたろや私がいてもうちの中では無言でじーっとひたすらビールを飲みながらテレビを見るわけでもなくむすーっとしてる日々が続きました。無論こたろの相手もまったくしない。ほぼ無視。


私は彼女がストレスで毎晩のようにぐちって泣いて、もう耐えられない、お願いだからパパに電話して早く帰ってもらうよう説得してとマヌちゃんに頼んでいたのだけど、ある日相変わらずのママにマヌちゃんがぶちぎれてスペインにいるマヌパパに隠れて電話。すると、「彼女の言い分はうちらが彼女の相手をしない、彼女をいっぱいしかる、などらしい、そしてもう4日にパパと一緒に帰るようチケットも買ってある」とのこと。なんだそりゃ???けど帰ってくれるなら万々歳!!!

スポンサーサイト
【2010/12/16 12:46】 | ちょっとひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<悪夢の産後3 | ホーム | 悪夢の産後>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nozzyboo.blog23.fc2.com/tb.php/671-2af43ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。